ブログ-活動報告

2019.5.25 2019年自治労中国地連現業評議会組織集会

 自治労中国地連現業評議会は5月25日(土)、岡山市内で「2019年中国地連現業組織集会」を開催し中国5県から107人、県本部から4単組34人が参加して現業職場を取り巻く課題について議論を行いました。

  集会では、小迫敏宏本部現業局長から基調提起、福谷陽一地連現業評事務局長から情勢報告が行われ、3単組から取り組み報告がありました。
 岡山からは、岡山市現業労から山﨑高広執行委員が昨年の西日本豪雨災害における取組みを報告しました。

 その後各班によるグループワークで直営による公共サービスの充実について意見交換を行いました。

 会場では、休憩時間に津山社会福祉事業会の焼き菓子も振舞われました。

「地域住民の視点で住民の立場に立った地域公共サービスを一緒に考えよう」と挨拶する 石川 荒二郎 地連現業評 議長
開催県本部を代表して挨拶する 安原 和行 岡山県本部 委員長
基調提起 「2019現業・公企統一闘争のさらなる躍進に向け」
講師:小迫 敏宏 自治労本部 現業局長
基調提起を聞く中国5県からの集会参加者
情勢報告を行う 福谷 陽一 事務局長(岡山市現業労)
昨年の西日本豪雨災害における取組みを報告する
岡山市現業労・山﨑 高広 執行委員
休憩時間には津山社会福祉事業会の焼き菓子が出されました‼
参加者に大好評でした🎵
各班に分かれてのグループワーク テーマは
「直営による公共サービスの充実を図るために何を取り組むべきか?」
活発な意見交換が行われました
各班ごとの発表
岸まきこさんも駆け付けました
熱のこもった激励と連帯の挨拶がありました!
集会終了後に参加者全員で記念撮影!
お疲れ様でした!

関連記事

岸まきこ
えさきたかし
あいはらくみこ
自治労本部
連合岡山
全労済自治労共済本部
なんでも労働相談
自治研おかやま
ページ上部へ戻る