ブログ-活動報告

2018.10.12 第47回県本部定期大会 その1

県本部は10月12日(金)、岡山市内で第47回定期大会を開催しました。大会には来賓15人をはじめ、26単組から代議員、傍聴者など101人が参加し、確定闘争や時短と人員確保、安全衛生など働きやすい職場づくりへの対応、地方財政の確立、会計年度任用職員制度の統一対応や反戦、脱原発、第25回参議院議員選挙闘争の推進などを柱とした2019年度運動方針、当面の闘争方針など6議案が議論されました。質疑討論では9単組延べ15人が発言し、圧倒的多数で議案が承認されました。

全国から寄せられた祝電メッセージ

ご多用の中を駆け付けていただいた来賓の皆様

開会の挨拶をする 大島康治 県本部副執行委員長

議長団を務めた(左から)
牧野一紀代議員(県職連合)、平石貴博代議員(総社市職)、田中香織代議員(美作市職労)

「確定闘争、統一地方選、参院選にむけて一致団結しよう」と挨拶する 古林 久和 県本部執行委員長

資格審査委員・議事運営委員の協議

来賓の激励挨拶
青木真理子 自治労本部副委員長

金澤 稔 連合岡山会長

梶原 洋一 平和センター議長

関連記事

岸まきこ
えさきたかし
あいはらくみこ
自治労本部
連合岡山
全労済自治労共済本部
なんでも労働相談
自治研おかやま
ページ上部へ戻る