ブログ-活動報告

2020.2.5 2020春闘交渉

 県本部は2月5日(水)、岡山県市長会、町村会、岡山市人事委員会へ 2020春闘の申し入れを行い、2020春闘交渉がスタートしました。

 今春闘では、①2020年度の賃金改善、②労働時間の短縮、③休暇・休業制度の拡充、④定年引上げと年金との接続、⑤同一労働同一賃金の基づく会計年度任用職員制度の設計、⑥人事評価制度など、働き方改革の趣旨に則る労働環境の整備やワーク・ライフ・バランスの確保に向けた労働時間などについて、11項目を申し入れました。
 また、労使関係ルールに則り、職員の賃金・労働条件について、労使相互信頼のもと、真摯な交渉ー協議により自主決着を行うことを確認しました。

市長会へ要求書を提出する 合田 忠司 副委員長(右)
市町会との交渉に臨む県本部交渉団 (左)
町村会へ要求書を提出する 合田 忠司 副委員長(左)
町村会との交渉に臨む県本部交渉団(左)
岡山市人事委員会へ要求書を提出する 合田 忠司 副委員長(右)
岡山市人事委員会との交渉に臨む県本部交渉団(奥)
下村 敬幸 岡山市現業労 書記長も参加しました

関連記事

岸まきこ
えさきたかし
自治労本部
連合岡山
全労済自治労共済本部
なんでも労働相談
自治研おかやま
ページ上部へ戻る