ブログ-活動報告

2019.1.29 勝明福祉会職員労働組合結成セレモニー

 1月20日(日)、勝明福祉会職員労働組合(組合員三十人、特別養護老人ホーム南光荘)が結成されました。 また1月29日(火)には津山市内で結成セレモニーを開催し、自治労への加盟を確認しました。

 南光荘では、当局の高圧的な施設運営でこれまで劣悪な職場環境や職員処遇により30人を超える職員が退職するなど、利用者の介護に多大な影響が生じてきていました。利用者介護や職員処遇の問題を解決したいとの思いを同じくする職員は、連合岡山や自治労に相談することで、問題を早期解決するためにも組合結成を決意するに至りました。

 29日の結成セレモニーで鈴木雄太委員長は、「皆さんと団結して、明るい職場づくりへ向け、当局と闘う」と組合員に協力を訴えました。来賓の合田忠司副委員長からは「自治労の仲間として歓迎する」と激励し、楢本博美連合岡山北部地協事務局長、秋久憲司津山市議、柿本健治真庭市議らからも、連帯と支援の声が寄せられました。組合員は、これから職場環境の改善や組合員の処遇改善へ当局と闘う決意を新たにしました。
 県本部は、自治労に加わったの新たな30人の仲間と、ともに全力で闘っていきます。

【組合執行部】
委 員 長 鈴木 雄太
副委員長 植月 和之
書 記 長 内田智江美
書記次長 井口 祐子
会 計 高橋 正樹
会計監査 奥田 則子
同    西村 仁美


「団結して明るい職場づくりへ向けてがんばろう」と
組合員に協力を訴える 鈴木 雄太 執行委員長
連帯と激励のあいさつを述べる 合田 忠司 県本部 副委員長
楢本 博美 連合岡山北部地協 事務局長
秋久 憲司 県本部組織内 津山市議会議員
柿本 健治 県本部組織内 真庭市議会議員
多くの来賓に祝福され、 勝明福祉会職員労働組合が誕生しました
組合を牽引していく役員の皆さん
役員を代表して挨拶する鈴木 雄太 執行委員長
安心して働くことができる職場作りをめざして 初めての団結がんばろう!
来賓も参加しての記念撮影
セレモニー終了後の行われた共済説明会
羽根地 城 全労済自治労共済岡山県支部 事務局長
中国労働金庫から商品の説明もありました
佐藤 博文 中国労働金庫津山支店長 
二宮 大輔 中国労働金庫津山支店渉外担当

関連記事

岸まきこ
えさきたかし
あいはらくみこ
自治労本部
連合岡山
全労済自治労共済本部
なんでも労働相談
自治研おかやま
ページ上部へ戻る