本文へスキップ

「自治労」は、全国の自治体と自治体関連の公共民間職場で働く仲間が集まる労働組合です。

自治労岡山県本部とはWHAT’S

正式名称:全日本自治団体労働組合岡山県本部

活動報告写真

                                                                                                                                                                                                                                     


1.組織

活動報告写真


「自治労」は全国の自治体と自治体関連の公共民間職場で働く仲間が集まる労働組合です。
全国の県庁、市役所、町村役場、自治体立病院、保育所、公社・事業団、委託先民間企業をはじめとした地域の公共サービスを支える、約1,000職種にもまたがる約90万人の仲間が集まり、約2,700の団体で構成されています。
中央本部と47都道府県に置かれた県本部が連携しネットワークを活かして様々な問題の解決に取り組んでいます。

岡山県内では37単組、約8,000人の組合員で組織されています。(写真)第73回県本部中央委員会

また、職場や職種ごとに抱える固有の悩みや課題を解決するために、横のつながリとして職種別のグループ(評議会など)をつくっています。

「健康で、定年まで安心して働きつづけるために」
たくさんの人が力を合わせ、賃金闘争から自主福祉活動まで、幅広く運動を展開しています。


2.活動

自治労は、公共サービスを提供する労働者のために、4つの主な目標を掲げています。

 @私たち働くものの、生活と権利を守ること
活動報告写真

賃上げや労働時間の短縮、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)の実現など、私たちが健康でゆとり・豊かさを持って働き続けることができるように取り組んでいます。




(写真)春季生活闘争・岡山県中央総決起集会




Aやりがいのある仕事ができるように話し合ったり、考える場を提供すること
活動報告写真

私たちは住民の生活、福祉を支える仕事をしています。
住民に喜ばれ、自らも役に立っていると実感でき満足できる仕事がしたいと思っています。
自治労は賃金・労働条件の改善にとどまらず、やりがいのある仕事ができるよう、組合員の仕事や生活に活かされる幅広い活動を進めています。

          (写真)労働学校 学習会


B私たち働くものの声を社会全体に反映させたり、影響力を持つこと
活動報告写真

豊かで平和な暮らしは、私たちの職場の中の活動だけでは実現できません。
少子・高齢社会への対応、地球規模での環境破壊、経済格差、紛争など、現代社会はたくさんの問題を抱えています。
私たちの生活に関わる問題にも、労働組合という大きな組織で力を合わせて取り組めば、問題解決へと近づくことができます。

(写真)岡山県へ申入れ



 C働くもの相互の助け合いとして、文化・スポーツ活動や自主的な福祉事業を行っています。
活動報告写真


自治労の組合員は約90万人。たくさんの人がいるから、たくさんの個性がある。
自治労は組合員のニーズにあった応援態勢を取り、野球大会やバレーボール大会などのスポーツ活動、写真・まんが・歌のコンクールなどのカルチャー活動にも力をいれています。
また、組合員の助け合いの精神にもとづいた共済制度もあります。
                    (写真)野球大会



自治労岡山県本部

〒700-0086
岡山市北区津島西坂1-4-18
   労働福祉事業会館 3階

  TEL 086-214-2822
  FAX 086-214-2501