ブログ-活動報告

2020.1.24 島根原発広域避難計画に対する岡山県との意見交換会

 1月24日、 さよなら原発1000万人アクションin岡山実行委員会は、岡山県庁内において、 昨年12月18日に提出した、島根県作成の「原子力災害に備えた島根県広域避難計画」に基づく広域避難に対する岡山県側の受け入れ体制についての要求書の回答を受けて、 岡山県危機管理課と意見交換を行いました。県本部からも脱原発専門委員が参加しました。

 岡山県からは、今後の避難計画、全ての市町村との連絡、調整訓練の実施、スクリーニングについて、島根原子力発電所80キロ圏内の人口についてなど合計40項目の回答を得ましたが実効性のある避難計画とは言い難いものでした。

 今回は、避難元である松江市、安来市と避難先である岡山県内関係市町村との間での協議体制の有無や、岡山県内への広域避難訓練の日程・内容および問題点、ガイドライン・マニュアル作成、避難施設に学校施設予定されている避難所運営など、合計11項目にわたり申入れを行いました。

申し入れ書を提出する 奥津 亘 さよなら原発1000万人アクションin岡山実行委員会 代表
申し入れの趣旨を説明する奥津代表
岡山県危機管理課との意見交換

関連記事

岸まきこ
えさきたかし
自治労本部
連合岡山
全労済自治労共済本部
なんでも労働相談
自治研おかやま
ページ上部へ戻る